トップ画像

身の回りにあるユニバーサルデザイン

ドラム式洗濯機

斜めにドラムを配置したドラム式洗濯機はお年寄りから子供まで、そして車イスの人も利用できる上に従来の利用者にとっても姿勢がとても楽で小さな洗濯ものを置き忘れずに済むデザインになっています。

ドラム式洗濯機の写真

シャンプーやリンスのボトル

シャンプーのボトルには側面に突起がついており、同じような形のリンスのボトルと手で触って区別がつけられるような工夫がされています。目の不自由な人に限らず頭を洗っていて目を開くことが出来ない時もシャンプーかリンスか区別がつけられるようになっています。

点字がついたアルコール飲料のカン

缶ビールなどの缶に入っているアルコール飲料の上部には「ビールです」の表記と点字の突起が付いており、目の見えない人やこどももジュースなどと区別ができるようになっています

カンの写真

メガネ

大きさによる違いはありますが、メガネはその形状が示す使い勝手からどんな人でも掛け方を間違えない、万人が使えるデザインになっています。

メガネの写真

電動アシスト付き自転車

モーターがついていて坂道も楽に登れる電動自転車は、もともとは坂道を登りにくいというシニアの話を聞いて開発されたものですが、発売後は坂道を登りにくいと思っていた女子高校生からシニアまで幅広い世代に支持されています。

電動アシスト付き自転車の写真

ウォシュレット付きトイレ

最初は病院で手が使いにくいシニアの為に作られたものですが、これも上記の電動自転車のように幅広い世代に支持されています。

ウォシュレット付きトイレの写真

操作が簡単な携帯電話

操作が簡単でボタンの少ない携帯電話には音声読み上げ機能がついている場合があり、音声の読み上げの正確さからシニアや視覚障がい者の方以外に多く利用されています。スケジュールの確認を電話でした際に自動録音機能が便利という理由でサラリーマンにも好評だったという事例もあります。